1月4日(快晴) TASMAN PENINSULA

 今日も晴とは、予定の半分は雨と覚悟していたのですが毎日が晴天で、休養の暇が無くチョッと贅沢な悩みの日でした。
本日はあのリン・ヒルがクライミングしている写真で一躍有名になった、Totem PoleのあるFortescue Bay Areaに行くため、早朝に出発。途中パン屋さんで、例のパイを二つ食べて朝食。オーストラリアのパンは何処で食べても美味ですね、特に多種類のパイは日本では絶対に味わえません。
 ダートを走り、車道の終点が駐車場となっていて、ここが基点になります。美しい浜辺が目の前にあり泳いでいる人もいましたが、海水はかなり冷たそうでした。
 この周辺には大きな岩塔が三つあり、その中で一番グレードの低いルートのあるThe Moaiを目標にスタート。トポにはアプローチ1.5時間となっていましたが、2時間は必要です。ひたすら海岸沿いをアップダウンしながら歩くと、トイレのあるキャンプ場に到着、ここから少し登るとケルンがあり、踏み後を辿ると懸垂ポイントに到着します。ここからの景色は圧巻でした。今日はあいにく風が強く、白い波が飛沫とともに取り付きの岩場に打ち付けていました。状態が悪いことは明白なので、時間も無いことから残念ながら今回は諦めざるを得ませんでした。
ここを登るためには、100mの懸垂下降とこの登り返しがあるため、フィックスロープとユマールが必要な事と状態が良い時しか登れないため、途中のキャンプ場に泊まってチャンスを待つ時間的なゆとりが重要であると考えます。
 アプローチの5時間近いハイキングは、疲れましたね。来がけに予約したベストウエスタンホテルに向かう道路沿いにレストランを見つけ、早めの夕食となりました。これが大当たりで、ここのシーフードピザは絶品でした。ファミリーサイズのピザを二枚とフィッシュ&チップスを注文、食べ切れるかと心配しましたが、なんなく完食満足々の夕食でした。ベストウエスタンの部屋は4ベッドのファミリールーム($150)でしたが、どうも安いと思ったらチョット狭かったです。まあこの値段では、贅沢言えませんね。
1月7日(曇のち晴)  BLUE MOUNTAINS
ングとなりま
 今日も晴天。8年前とは大違いで、夏のブルーマウンテンを見直しましね。これなら再訪を考えても良さそうです。怪我人組と元気組に分れ、私たち怪我人組はクラックのマルチピッチへ行きました。
    MOUNT BOYCE
         Fire Bug 5.8/9  76m 3P(2Pでも可) 
    MOUNT YORK
         Auntie Jack 5.10a  オールNPのフェースルート。核心部はランナウトする。
         Atomic Punk 5.10b/c  ボルトルートだが、核心部にはカムが欲しい。両ルートとも、甘くないですよ。
1月6日(晴のち曇)  BLUE MOUNTAINS
1月8日(晴)〜9日  BLUE MOUNTAINS  シドニー〜帰国  

  雨の予報でゆっくり休養日かと期待したのですが、雨は降らずクライミングとなりました。こえまで一日休養したのでみで、連日のクライミングです。我ながら良く疲れないものだと、と言っても今日はさすがに疲れ気味のため適当に登って終わりました。夕食は一度はステーキを食べたいとの事で、レストランへ。メニューには1キロのステーキがあり、これを四人で食べましたが普段500グラムのステーキを食べている私にとってはもう少し欲しいところでした。おそらくこの1キロのステーキは、私一人で食べられてかも知れません。結構美味しかったですね。これで次回の海外まで、牛肉はお預けです。
     MOUNT YORK
  

  オーストラリアも今日で最後、夜のフライトのため午前中最後のクライミングにスポーツルートに行きました。
     BARDENS LOOKOUT
        Little Triggers 5.10a/b
        Hemione 5.9
    このエリアはスポーツルートがたくさんありましたが、5.11になると身長差がでるようです。

シドニー(QF021便2206発)〜成田(0610着9日

 今回のツアーは肘の術後でもありかなり動きに制限があり完調時のクライミングとは程遠いものでしたが、タスマニアで登ったルートはどれもが新鮮で、刺激的でした。この様なクライミングを、何時までもしたいものだと痛感しました。
 なお、グレード表記はオーストラリアグレードから換算表に基づいてUSAグレードで記載しました。

ホバート(QF1020便1030発)〜シドニー(1220着)
 今日でタスマニアとお別れ、また何時の日か来たいものです。
シドニーは夏の気温でした。ホバートとはおそらく5度程度気温が違うのではないでしょうか。空港から一路情報を求めて、ブルーマウンテンの基地となるカツゥーバのマウンテンショップへ。計画ではWarrumbungle国立公園のマルチピッチにトライする予定でしたが、天候に不安があるため、情報収集しました。その結果、クライミングのメインとなる日が雨との予報で、残念ながら今回はここブルーマウンテンでのクライミングとなりました。ここは8年ほど前にクライミングに来たのですが、その時は連日の雨でまったく良い印象はありませんでした。ただ、町はこじんまりしていて食事は何処で買ったり食べたりしても美味かった事を覚えています。町の様子は8年前と殆ど変わっていませんでした。クライミング関係のお店が二件増えて(一軒は場所が変わって大きくなっていました。)いました。また、やはり食べ物は何処で食べても美味しかったです。
 ホテルはスリーシスターズの展望台に近いLa Maisonと言うホテルに泊まりました。ここはまずまずで、朝食付で確か$180(スリーベッド+エキストラベッド)位だったと思います。
 暗くなるまでに時間があったので、スポーツルートのあるCENTENIAL GLENへ。
       Jaws 510c/d 11m

1月5日(快晴) シドニーへ移動、BLUE MOUNTAINS