中国・陽朔(Yangshuo)

2004年11月8日〜22日の記録

陽朔の概要
  山水画の風景と言えば桂林を思い浮かぶのではないでしょうか。陽朔はこの桂林から車で1時間ほどのところにある、林
 立する岩峰に囲まれた小さな町です。桂林では見ることの出来ない、どもまでも続く岩峰を堪能出来ます。ここでしか味わえ
 ない風景や、町の人々との触れ合いがあります。クライミングだけでなく、素晴らしい旅の醍醐味もここの町でで味わえる事で
 しょう。町には洋人街(西街)と呼ばれる一角があり、お土産物店や西洋風のカフェがたくさんあります。欧米では有名な観光
 地
だそうで、中国で唯一英語の通じる町です。    
今回の成田、陽朔間の道程
    中国元の交換レート 1円=約13元
  成田→広州 中国南方航空
  広州→桂林     〃   
  桂林空港→ホテル タクシー(約90元)40分 桂林 泊(桂林帝苑酒店 ツイン1室 8400円)
  桂林のホテル→陽朔 タクシー(200元)1時間
           陽朔 泊(新西街大酒店 ツイン1室 2600円)
  
  陽朔→桂林バスターミナル バス(13元)1時間
  桂林バスターミナル→空港 タクシー(約80元)30分
  桂林→広州空港 中国南方航空
  広州空港→ホテル タクシー(120元)40分   広州 泊(中央酒店 ツイン1泊 7400円)
  広州のホテル→広州空港 タクシー(120元)

   両替
     成田空港では千葉銀行が扱っていますが、交換レートは悪いとの情報でしたので私達は広州空港内の銀行で両替し
     ました。ゲートを出て直ぐの所に銀行があり両替出来ます。ただ、窓口が二カ所しか無く時間がかかります。尚この窓口
     以外では絶対に両替してはいけません。私設の両替屋が多数いてしつこく言い寄ってきます。なかには銀行員の制服
     かと勘違いするような身なりで言い寄ってくる時もありますが、絶対に付いていってはいけません。他の日本人が、酷い
     レートでの交換に怒って、一万円両替して三千円損したと言っていました。
      陽朔で両替する時は、外人街の入口に中国銀行がありますので、ここでするのが無難です。今回私達は二週間の滞
     在で、ホテル代を除いて25000円ほどの両替でおつりがきました。もっと安く済まそうと思えば、一万円位で二週間過
     ごせるのではないでしょうか。


  ホテル
     桂林と広州のホテルはHISで航空券とともに予約しました。
     陽朔のホテルはインターネット(下記のアドレス)から予約し、事前に日本で宿泊料の全額を振込ました。チェックアウト
     時の支払は、宿泊費に関して追加等一切ありませんでした。
       http://www.chinatourxp.com/jp/freedom.htm
      今回宿泊した陽朔のホテルは「陽朔新西街大酒店」で、このホテルは設備も良く、受付のスタッフは殆どが英語を話
     します。その他のスタッフも会えば必ず挨拶しますので、接客教育は徹底してると感じました。二週間ちかく宿泊しまし
     たが、快適そのものでした。また、朝食付きで洋食か中華が選択出来ます。私達は一度洋食でしたが、あまりの上品
     さに翌日から中華に変更しました。こちらはビュッフェスタイルで、飽きる事もなく食べまくりました

   ホテル入口             室内 ホテルの前からの町並み

交通
  クライミングルートのある岩場は陽朔の町の外にあります。そのため、レンタサイクルかバスを使う事になります。徒歩
 ではかなりの時間歩く必要がありますので、あまり現実的ではありません。
  レンタサイクルは町中何処ででも借りられます。相場は10元と聞いていましたが、8元に割引してもらいました。現地
 の人は5元で借りていましたが、言葉が通じないと交渉が難しそうです。自転車はなかなかしっかりしたギア付きのオフ
 ロード用でしたが、クライミング用具を背負って走るとお尻がけっこう痛くなります。そのため、私達は途中よりバスの乗
 り方を学習し、バスを使いました。これがまた素晴らしく安いのとアバウトでした。
  バスに乗るためには、まずそのバスが行きたい所に停まるのかどうかを確認しなければなりません。地図から大体は
 解りますが、私達はメモに行き先を書いて運転手に見せました。この方法はかなり有効で、バスに乗る時は常にこの方
 法で成功しました。往きは停まってほしい場所、帰りは陽朔のバスステーションをメモして見せれば大丈夫です。幸い地
 図には漢字で地名が書いてありますから(当然か)。
  乗車はホテルの前の通りに立ち、目的のバスが来たら手を挙げればOKです。席が空いていれば停まってくれます。中
 にはドアを開けたまま走ってくるバスもあります。特にバス停は無く乗るのも降りるのもまったく自由でした。ただ、陽朔
 のバスステーションから岩場に行くバスを乗るのは止めましょう。観光ガイドがたくさんいて、あちこちから声を掛けてきて
 観光のバスに乗せられるのが落ちです。乗る前に運転手に停まってほしい場所のメモを見せれば問題ありません。
  陽朔から月亮山まで片道2元(26円)の安さです。今回登った岩場は全てこの月亮山までの途中にありますから、バ
 スで行けば、4元の安さでお尻も痛くならずに往復できます。

  

ホテルの直ぐ隣りでレンタサイクルを借りる

このバスに11人は乗る

このバスには怖い車掌さんが乗っています

桂林まで乗ったバスで、暴走バスと化す。

   帰りは陽朔から桂林まで、バスを使いました。この間は直行便と途中停車便があり、私達は上の写真の直行バス
  を使いました。所要時間1時間で13元(169円)の格安で、陽朔のバスターミナルから大体30分間隔ていどで出て
  います。チケットもこのターミナルで買います。ただ、このバスは出発するとすぐ暴走バスと化して、日本では考えら
  れない追い越しをします。公道レーサーの私も真っ青で、桂林までの一時間は緊張の連続でした。バスに乗ってい
  てこんなに疲れたのは初めてです。とは言ってもとにかく安いです。このバスは桂林のバスターミナルに到着します。
  なお、このバスターミナルから桂林空港行きのバスが無いため、タクシー利用となりますのでご注意下さい。

 食事
   朝食はホテルの宿泊代金に含まれていましたので、ホテルの中華バッフェでたくさん食べていました。行動食はス
  ーパーでビスケット等の簡単な物や、岩場までの途中に出ている屋台の果物屋さんでバナナ等を手に入れていました。
  夕食はあちこちレストランに行きましたが、お勧めは西街(通称洋人街)にある「Global Cafe」です。味、量、値段等が安心
  できるうえ、ここの主人は日本語が堪能で、従業員の若い女性も日本語が出来ます。初めにここを訪れ陽朔の様子を主人
  に聞くと良いでしょう。私達は買い物をする前には、必ずここで地元の値段を聞いいました。この地はとにかく親切なのです
  が、観光客向けの物の値段があって最初は大体二倍の値段はふっかけられます。いったいいくらで買ったら適切なのか悩
  むところです。
   と言うことでまずはこのレストランに行きましょう。ただ、一品の量がひじょうに多いので、二人で分けて食べると色々楽しめ
  ます。中国では量を多く出して、食べ残すのが習慣だそうです。日本人はどうも食べ残すのは失礼と言う気持ちがあって、つ
  いつい全部食べてしまいますがこれが続くとてきめんに体重が増えます。ここではスープ、メインの料理(魚、肉等)、ご飯か
  麺料理を定番にしていましたが、日本円で300円から500円(一人)あれが十分です。500円も出すと相当豪華な夕食に
  なります。

西街入口

西街中心部

Global Cafe

豪華夕食

 その他のお勧めは、宿泊したホテルのすぐ隣にある写真の焼き飯屋です。ここはレンタサイクル屋兼業でここで自転車を借りていました。中学生くらいの女の子が店番をしています。
 この鍋焼き飯は非常に美味しいです。スープ付でチョット量が多いかも知れません。ご飯に載せる肉の種類(6.7.8とある)によって1元ずつ値段が上がり8種類で15元です。この他にこの鍋焼き飯屋の並びの現地の人しか入っていない惣菜お選んで食べられるお店がありますが、ここはスープ付で大体5元くらいです。安くあげたい時はここが一番です。

これが鍋焼きご飯

お店の主人と

 広州空港内のレストランですが、値段が馬鹿高いです。往路の乗換が夜でしたので、乗換ゲート近くの中華レストランに入りました。味は良かったのですが値段が非常に高かったです。中国に着いたばかりで中国内の物価が理解出来ずに、暫くは気が付きませんでしたが、近くにいた中国内で仕事をしている日本人によると、新広州空港が開港(04年)してから中国一の値段になったと話していました。広州空港での買い物や食事は避けた方が無難です。

天候
   今回、前半は雨の日もありましたがその後は晴または晴時々曇の日々でした。朝晩は気温が下がり上着が必要です
   が、クライミングは殆どTシャツでした。ただ、月亮山のエリアは北面でしたので、長袖でした。日が当たらないとかなり寒
   く感じましたがこれは私が極度の寒がりだからかも知れません。
    気温は日中20度以上はありました。最初の2,3日はお天気が不安定でしたのでかなりの湿度を感じましたが、晴天が
   訪れてからは乾燥した空気で、クライミングには最適でした。

        以下のサイトで桂林の週間天気予報がわかります。
    http://searchina.ne.jp/weather/index.cgi?state=guilin

画像をクリックすると拡大します