シェアしてくれましたが、チョッと油が・・・

数種類ありますが、これは見易いです。22.95カナダドル

トポ

エリアの位置や最新情報がわかります

道標
写真集入口

Chef's Club シェアしてこれです

Wrap

Beef Burgarシェアしてもらってこの大きさ
中国・陽朔(Yangshuo)

2008年7月2日〜9日
2009年7月13日〜28日
2010年6月29日〜7月12日
2011年7月1日〜27日の記録

キッチン

食堂

泊まったホステル

スコーミッシュの街

住所 38220 Hwy 99 PO Box 577 Squamish BC V8B 0A5 Canada
電話 1-604-892-9240   1-800-449-8614
E-mail  hello@innonthewater.com  HP http://www.innonthewater.com/

Squamish Inn On The Waterの連絡先等

 全てSquamish Inn On The Waterと言うHostelに泊まりました。現地のインフォメーションセンターで他の宿泊施設を調べたのですがキャンプ場以外で安く泊まれるところは、ここ以外にありませんでした。他はホテルで宿泊料はけっこう高いです。そのためか、このホステルにはクライマーがたくさん泊まっています。ただ、私たちが泊まった期間はまだシーズンの始まりのようで週末以外空いていました。
ホステルの様子
  
部屋三タイプあり、私たちの泊まった部屋はPrivate Roomで7泊で553.63カナダドル(税込)でした。ツインの部屋で綺麗でした。
トイレ、シャワーは共同で、シャワーのお湯の出も良くトイレと同じ場所にあります。バスタオル、シーツ等は、部屋のドアのところに置いておけば新しい物を部屋に置いてくれます。結局、毎年部屋のタイプ(ファミリー、ツインBのバス、トイレ付き)を変えて泊まってみましたが、やはり長期滞在にはバス、トイレ付きの部屋が快適でした。ファミリータイプはお勧めしません。割高で使い勝手がよくありません。広いキッチンには冷蔵庫があり、専用のカゴが用意されていますので、備え付けのテープに名前を書いて貼り付け冷蔵庫に保管します。食器、カップ、グラス等も用意されていて便利です。また、電子レンジ、湯沸かし器、トースターもありました。
 非常に快適な宿で次回も是非ここに泊まる心算です。ただ、夏は非常に混むそうで早くからの予約が良いようです。ホステルのHP(http://www.innonthewater.com/rooms.htm}から予約出来ます。

宿泊

ステーキとバーガー

その他の情報
 ダこダウンタウンの外れにあるHowe Sound Innの手前にあるInnに向かって左側にある広場で毎週土曜日に市場が開かれます。野菜、焼きたてパン、果物、メイプルシロップ等のお店がたくさん出ます。スーパーで買うより安く売っていますのです、寄ってみる価値は十分あります。特に、メイプルシロップをお土産にするならここで買うのが一番お得です。日曜日に開いているかどうかは不明です。

写真をクリックすると拡大します。

設置されているクイックドロー

アドベンチャーセンター


 
 スコーミッシュを知ったのは「クライミングジャーナル」に線路際で登るクライマーの写真でした。今回最新のトポを見ると、膨大なルートの数にまず驚きます。岩質は花崗岩で小川山の花崗岩ににていますが、小川山ほど風化は進んでいないように感じられます。
 四年間でマルチピッチ、スポーツルートを含め、約110本以上のルートを登りました。チーフ周辺はj花崗岩ですが、ウィスラー方面に25キロほど北上したスポーツルートのエリアは玄武岩で5.12以上のルートもたくさんあります。また、チーフ周辺のアリアはルート開拓が盛んで毎年新しいルートが出来ています。それに伴い、アプローチやトイレの設置も行われています。
 スポーツルートの5.11以上の主だったルートには下の写真のクイックドローが設置されていて、途中の敗退を気にせずにトライ出来ます。これは、アメリカでエリアでも見られました。これが進むとマスターオンサイトと言う概念は、無くなりますね。これは、歓迎すべき事なのかどうか悩むところです。
 天候ですが、2008年は、休養日がちょうど雨になった他は晴か曇の毎日で気温も20度前後と快適でした。
 2009年は滞在期間中毎日が晴で気温も高く30度近くまで上がる日がありました。これはどうも異常気象のようです。2010年までは滞在期間を通じて雨が降ったのは僅か一日でしたが、2011年は非常に不安定なお天気が続きよく雨に降られました。それでも一日中降ると言うことは無く、夜降って朝あがりクライミングできる日もありました。ただ、晴れの日は続かず一週間程度の滞在だと晴天に出会わない可能性があります。8月に入ってからは晴天の日が続いているようです。
 岩場や宿泊、天気等の情報は99号線沿いにあるアドベンチャーセンターで得られます。カフェもあり雨の日はクライマーで賑わいます。無線ラン、移動できるコンセントも無料で使えるためパソコン持参の人がたくさん来ます。内部にはミニシアターがあり、チーフの初登のドキュメンタリーを観ることが出来ます。
  バンクーバーからスコーミッシュまでは道さえ間違えなければ1時間程度で出到着できます。ただ、バンクーバー市内を通過するため市内の道が解りづらいです。私たちは事前に解りづらいと友人に聞いていたので、ナビ付のレンタカーと友人に貰ったバンクーバーの市内地図で突破しました。これが無かったか結構苦労したと思います。昨年冬季オリンピックがスコーミッシュの先のウイスラーで開催されたため、バンクーバーの市内を抜けてスコーミッシュまでの区間は、全線走りやすいフリーウェーになっています。ただ、相変わらず道路標識が少ないのが難点です。












  小さな町ですので、歩いて買物、食事もできます。大きなスーパーマーケットが二箇所あり、IGAのパンは美味しいです。スープも自家製をカップで売っています。酒類はSave on Foodsの隣の酒屋で変えますが、缶ビールのばら売りはしていませんでした。
 クライミングショップは二箇所あり、Clim Onの方がクライミングギアは品揃えが豊富です。食事は自炊を中心にしましたが、美味しいレストラン、カフェがDowntownのメインストリートの両側にあります。これらの場所は、トポ「Squamish Select」の地図に載っています。なお、人気だったギリシャ料理のお店は2011.7.17で閉店してしまいました。
お勧めのレストラン、カフェ
Chef Big D's Deli
ランチの時間しか営業していませんが、非常に人気のお店です。どれを食べても美味しいですが、量が多いのでシェアしてもらいました。お店のおばさんやお姉さんも明るく親切です。















Howe Sound Inn Pub
 上の名前のホテルの中にあるPubです。広いスペースにステージ、四方にはテレビとパブらしい明るい雰囲気です。何時もクライマーで賑わっていて色々な種類のビールがあります。料理も日替わりでスペシャルがあり、何時行っても楽しめます。ただ、ウエイターによって対応が異なりもう少し親切だと会話がおぼつかない者にとっては有り難いのですが。料理はどれも美味しいです。



Parkside
名トポには紹介されていませんが、フィッシュ&チップスのレストランです。上のお店の中間にあり通りを歩いていれば直ぐ解ります。   フィッシュが数種類から選べましたが、私はサーモンのハーフを注文しました。これは美味しかったです。肉厚のサーモンでハーフで十分楽しめました。これは超お勧めです。素敵なお姉さんが対応してくれます。

Mountain Burger House
このお店は庶民的で、クライマーには今ひとつ人気がないようです。ここで食べるならChef Bigでしょう。











他に、バイキング形式の中華レストランが二軒あります。その内の一軒に入りましたが、私には今一つでした。また、99号線の交差点近くにはマック、バーガーレストラン、チョッと高めのレストランがあります。